Entries

スポンサーサイト

1月に読んだ本 その3

最近は読書時間ともいうべき通勤時間、最近は睡魔が襲ってくるので結構、ゆっくりペースとなっています。『天狗風 霊験お初捕物控<二>』宮部みゆき『警鐘』セルジオ越後 金子達仁 『天狗風~』、次々と神隠しにあう娘たちの行方を不思議な力を 持つお初と算学を学ぶ右京之助が共に追う。 霊験-要は超能力なんだが、時代劇の捕物帳を損なうほどのムチャ クチャさはなく(・・・いやあったな(爆))、そこは宮部さんの 加...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

1月26日@後楽園ホール

パンクラス@後楽園ホール平日開催です。。後楽園とはいえ、最初からの観戦となるとちとキツイ時間帯。。しかしウェルター級のタイトルマッチも観たいしヘビー級トーナメントも気になる。では1試合目捨てる覚悟で・・と思いきや12月の有明を観戦できなかったので第1試合の川村選手の試合も観たい。ここでは言えない強行方法(笑)で、年度初大会恒例の全選手入場中に、なんとか後楽園入りさてその第1試合 川村亮 対 渡辺悠...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

五十円玉二十枚・・・

本日、何気なしに膨らんでいる小銭入れを見てみると銀色のギザギザが大量に見える。てっきり百円玉だと思い、枚数を数えようと思ったらやたらめったら五十円玉が出てくる。よくよく見ると百円より五十円玉の方が多そうだ。で、数えて見るとウソかマコトか・・・五十円玉が二十枚(笑)これは池袋の本屋でイライラしながら千円冊に両替してもらえという事なのか??(爆)なぜ五十円玉が二十枚も集まったのか??思い当たる節として...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

1月に読んだ本 その2

早速、新課題図書2冊読了です。『災厄の町』エラリィ・クィーン『青銅ランプの呪』カーター・ディクスン『仔羊たちの聖夜』西澤保彦 『災厄の~』、エラリィ・クィーン物でライツヴィル編と呼ばれる 1作。ライツヴィルの名門ライト家の次女ノーラ、一度は結婚式 前日に消えた結婚相手ジムが3年振りに戻ってきて結婚式を挙げる。 平穏無事な日々、ふとした事でみつかったジムの妹にあてた手紙には 「妻が感謝祭で病気になる...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

新課題図書

過去、友人の薦められた本を100作品読むという事に挑戦した。課題指定図書という名目で2000年の8月から2004年の7月、達成まで約4年ほど。(連続ではなく、合間に他のも読んでいたので)友人の薦めなので、大きなハズレはなく(何作かはあったが(笑))それまで読んだ事のない作家さん、ジャンルが広がり確実に読書の視野が広がったと実感した。有難いことです。逆にデメリットというか副作用として・・・狭かった読...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

2005年をふりかえる??

2005年を振り返る訳でもないが昨年は例年になく読んだほうなので”このミス”の内藤陳さんにならい某所でベストテンならぬベストナインを報告したので解説というか感想を・・・1番(三)「煙か土か食い物」 舞城王太郎 正直、読むのにパワーが要りましたが(笑)スコーンと自分に はまったというか、なんとも言えない衝撃がありました。 そういう意味からトップバッターでありホットコーナーに 相応しいと思った作品です。...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

1月に読み終えた本 その1

今年から、いきなり感想だけではなく(感想にもなってないが・・)、あらすじなりをつけるようにしようかなと思いつつ今年最初の読書は・・『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』今野緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』今野緒雪『駅伝がマラソンをダメにした』生島淳 『~薔薇の~』、三薔薇ファミリーのそれぞれの短編。 自分のようなモノも「マリみて」を読む理由として今回もそうだが 1つの話しを多面的にとらえ、...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

修羅の門

久しぶりに「修羅の門」を読み返す。何度読んでも第三部のボクシング編で最後泣いてしまう。(笑)タイムリーで読んだ時は、ボクシングというフィールド内だったのか物足りなさがあったが、今になって読み返すと完成度が高いというか個人的にも一番好きな話しである。逆に第四部は今読むとパロディに感じてしまう部分が高い。。。(いやこれはこれで面白い話しなのだが・・)それでは~...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

1月1日@国立競技場

今年最初の観戦、天皇杯決勝戦。浦和レッドダイヤモンズ 対 清水エスパルス @国立競技場親を連れて行き親孝行も兼ねというのは建前で本当は某球団が決勝に残ると勝手に信じてチケットを手配していた。(爆)正直、両チームとも思い入れなく(笑)中立として純粋にサッカーのゲームを楽しみに観戦。試合前の応援にしても清水も頑張るがサポーター席が溢れんばかりの大人数の浦和サポーターの方が、やはり力強い。選手入場時、い...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

  • Author:Ena
  • 趣味 観戦、読書など
    たぶん、ここもそういう傾向になる予定。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。